私の圧力ゲージは断じてマックス

ゼロウィーク前からうちに居候し始めたママ友達の行いがありえない。

あたしは元々妻って同居生活を送っています。
そこに転がり込んできたのが私の傍ら。
なんでも
『今まで一緒に住んでた相方に妻ができたので、後で頻繁にうちに集める』と言われ、引越しを決意したらしき。
そのママ傍らは男嫌いなのである。

『うちにもパパはいるんだけどな?』と思いながら、
『居候しにくるほどだし人懐っこくできるんだろうな…』と最初は思っていた。

前週の週末、傍らが大仰にデカイ積荷を搬入してきた時は焦った。
ダンボール6個にクローゼット、タンス仲間、キャリーパターン2個。
ダンボールというクローゼットは聞いていたが、他のものは聞いていない。
対話が変わりすぎるので、傍らに神経のメールをいれた。

住み始めてもありえないことが貫く。
やり取りばっかり無い!
亭主は私の頂点嫌いなグループのヒトだったのだ。
特に妻とのサウンドがなさすぎる。
人類を人類とも見ないような出方に神経が込み上げるばっかりです。

他にもなんの考えもかけずに集団銭湯を達成し、1期間出てこない。
洗濯物は多すぎる!
妻が買ってきたデレビを四六時中、キャンペーンされたのが当たり前のように扱っているのに、妻に謝辞の意欲がまるっきり感じ取れないような調和。
ゼロウィークで私の圧力ゲージは断じてマックスでら残る。

特に妻が言いだしてるときに、妻と興味をあわせないなどあたしにとりまして的外れです。
今はずっと傍らを居候させたことを後悔しています。
亭主はますますうちに積荷を運び加える様態…
1LDKの住居に今やポジショニングなんてないのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です