人は俺を「会社の付き合いマスター」と呼ぶ

僕が業者の送別会での思い出だ。

私の勤めていた業者のおんなじ支社のマネージャーが変更になり、みんなで送別会の務めを立て、参加しました。

その送別会のディレクターは同期の父親双方に任せていました。

そうして送別会の場所に選んだのは、その内の1人の父親(先々A様と呼びます)の近所が経営している居酒屋でした。

当日になり、そのディレクターのA様はインフルエンザにかかってしまい、列席できなくなってしまったのです。

仕方なく二度と1人の父親(先々B様と呼びます)1ヒトでフィールドを仕切ろうとしていたのですが…お店の変化から方向パーツなど全額A様に任せていたB様はぜんぜんお店の事を把握していなかったのです。

私達は方向料理を予約していたので、料理は用意してあったのですが、その方向料理にジュースはついておらず、自分たちの原価になってしまうことが判明しました。

まず、全てという、ヒロインが集合していたので、
会をはじめようとなったのですが、乾杯のジュースをどうするかとして、一層という事でB様が用意したのがお冷やでした。

そうして、送別会は無事に面白い会になり、みんなが満足して帰宅したと思っていました。

みんなが帰宅して、僕はB様を含めた同期で2今度会もしようと話していた状態だ。

おんなじ支社のC様から1通のメールアドレスが私の元に届きました。

c様は、入社で務めていらっしゃる50代のファンキーな父親だ。

いつもロックな男気で調製造元でもありますが、フリー奔放で、別途輪を乱すことがあります…。

そのパーツは「お世話になった上役を繰り延べるのに、水で乾杯は悲しすぎる。

水で乾杯は縁起がひどく再び会えないことを意味する」とのことでした。

そのメールアドレスはたくさんに送られてあり、送られたヒトは選ばれたとしか思えませんでした。

もしも実際縁起がよくないと思えばその場で言えばいい事だ。

私たちは楽しんだ事例がその1通のメールアドレスを通じて不愉快事例に変わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です