会社の付き合いは現代日本を象徴している

保育園の奥さんとの種別会での事です。

ほぼ月に1度行われ「権利出演」と書いてあるメイルが届き、出欠を取るという体裁になっていたのですが、ディレクターの奥さん相棒が姉妹も手広く保育園が長いのもあり、決して強要出演な企業があり、心から案件などがある時に出演できないとのほほんと気まずくなって仕舞うの事が充分あり参る事がありました。

実際に種別会に参加した時は食事が出来るフロアを貸し切りで借りて食事をしながらはなしをする様な体裁になっていました。

種別会なので子ども達はもちろん姉妹の方もいらっしゃるので子ども達でごった返してました。

自身が保育関係の出社を当時はしていたのもあり、奥さん身近もそれを知っていたので、暗黙の了解の様な形で子ども達と遊ぶことになったので、次第には出来ず少々大変だったことをしばしば覚えています。

ですが、困難項目ばかりではありませんでした。

ラフファッション皆さんも仕事をしながら保育園の送迎を通していて、強敵アナウンスをする機会が無いのが状況だったので、こういう様な種別会がある時に保育園への困り、児童項目、プライベートな振る舞い、中には姉妹がいるやつから小学生や学童の話しなどたくさんのアナウンスを訊く事ができたので、さんざっぱら済む時間になって良かったと思いました。

あとは児童がラフファッション保育園での友だちとの接し方や関係性が素晴らしく周囲で見渡せる行事でもあるので、自分の児童の意外な一面を見れたり…恥ずかしく思ったりなどで本当に良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です