「会社の付き合い」とはどのようなものかがよくわかる指南書

店の飲み、お断りという人もたくさんいると思いますが、わたしはより好きだったりします。

わたしは証券会社で販売の仕事をしているので、割に飲みは多いと思います。

全体の飲みでは歓送迎会はもちろんのこと、毎月回収を通して飲みを開催していたり、あとは忘年会、新春会という数多くの飲みがあります。

店の飲みというとお酌をしなければならなかったりという様子がありますが、わたしの支店の支店長はそんな堅苦しい飲みではなく、みんなで仲良く生まれ変われる、うれしい飲み会に決めるということをいってくれています。

なので、席は毎度くじ引きだ。


しかもそのくじ引きは支店長自らが作成してもらえる。

なので、毎度おんなじ仲よし団員ではなく、支店の大勢から喋れるのが、著しく楽しいだ?
また、支店全体の飲みだけではなく、気の見合う同期、熟練、後輩と飲みにいくのもそれほど行きます!
仕事柄ウィークデイは専業が終わるのが遅く、また時が読めないので学生時代の知人といったランデブーをしてから、ご飯に出向くというのが難しいので、店の面々ってぐっすり行きます。

専業の不平なども時に言いながら、けれども赤字な感じではなく、あしたも頑張ろう!というなれます。

また、金曜日は早帰りなので、旨いお店を予約して、うまいお酒を呑むのが楽しみです!
こうやってくだりにすると、わたしはどれだけ支店の人たちに恵まれたかを再び把握がすることができます★
わたしは呑みニケーションはあると思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です